ゲイ in Japan

ニューズウィーク日本版 2006-1・25号(1/18発売) http://newsweekjapan.hankyu-com.co.jp/ Cover Story ハードゲイを演じる芸人が人気になる一方で、カミングアウトする人が増加。推定500万人の「普通」の同性愛者たちの生活とは コンビニで見あたらなかった…

カミングアウトブーム

だいぶ間があいてしまいました。僕の最初のカミングアウトの後の話を綴ってみます。 最初のカミングアウトがどう転ぶかというのは、その後の行動に大きな影響を及ぼすことになります。僕は幸い、カミングアウトによって関係をまずくした例はないのですが、中…

危機一「発」

上のエントリの引用文では、両方正しい漢字の「危機一髪」を使っていましたが、商品名としては「髪」ではなくて「発」が正しいのでしょうね。中学生くらいのとき、漢字テストの答え合わせの時、国語教師がウンチクたれたのをまだ覚えています。もともと、007…

HG、追記。

http://d.hatena.ne.jp/deltoideus/20051206#p1 http://d.hatena.ne.jp/deltoideus/20051223#p1 ↑このあたりにつらつら書いたことの追記。下にURLを挙げたテキストを読んで、いろいろ思うところがありました。 http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/b…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。皆様いかがおすごしでしょうか。 おそらく多くの医者たちは、僕と同様元日には仕事始め、当直病院を転々と、という状況かと思います。それでも、僕は今年、運良く年末に少しフリーな日があったので、久しぶりに少し帰省しま…

「黒ひゲイ危機一発」、同性愛団体が発売中止求める

http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200512210592.html ロングセラーを続ける玩具「黒ひげ危機一発ゲーム」のキャラクターに「ハードゲイキャラ」で人気急上昇中のタレント、レイザーラモンHGさんを採用した「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機…

初めてのノンケへのカミングアウト

さて、話が脱線しまくっていましたが、またカミングアウトの話題に戻ります。最初のカミングアウトを契機に、ゲイの友人をつくろうとして、今まで何も関係のないところに友情や愛情を育もうとしていく一方で、やはり、その時点で親しい友人との関係性に悩む…

レイザーラモンHG

http://d.hatena.ne.jp/lelele/20051205/1133731300 世の中にはいろんな人がいるわけです。意図的に不自然な容姿をしていたり、固有の性癖を持っていたり、先天的に障害を持っていたり……。で、いろいろな容姿や性癖、そして障害などを持っていることには、何…

出会い

若いゲイたちが、その有り余った時間を自由に使っているのが羨ましく、まさに人生を謳歌しているように思えたということの根元は、こういった、医者のプライベート事情によると思います。まあ、それでも多くの医者たちは、制限された自由の中でも、いろんな…

医者のプライベート

ほぼ病院から動けない研修医としての2年間を終え、3年目の医師生活は、外科から少し離れ、救急・集中治療の現場に関わることとなりました。これは、今まで受け持ち患者に何かおきたり、内科当直が救急外来で外科系患者にあたったときなど、24時間365日、い…

カミングアウトという契機

最初のカミングアウトというのはやはり大きなものです。その後のいろいろなきっかけになります。初めて他人に自分の性的指向をうち明けることで、それまで漠然とかかえていた不安、あるいは、本来罪であるはずなどないことなのに、宗教などの権威が、何故だ…

“同性愛”逮捕の男性に「ホルモン治療」国際問題に

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_12/t2005120106.html 同性愛を違法としているアラブ首長国連邦(UAE)でこのほど、男性の同性愛者らが結婚パーティーを行ったとして逮捕され、当局者がホルモン治療を受けさせると発言。米国が反発し、国際問題となって…

カミングアウトするべきか?

http://d.hatena.ne.jp/matsubee/20051124/p1 自分は、今はまだ隠し通すべきだと意見しました。これは純粋に、良心から出た意見です。まだまだ日本では、ゲイに関しての理解が足りない。高校生にとってそれを理解するのは、絶対に容易なことではないだろう。…

そして、カミングアウト

僕が初めて自分が同性愛者であるということを他人にうちあけたのは、研修医2年目の後半でした。それまでは、自分の性についてきちんと理解できなかったために、ゲイの個人サイトをみたりするのにも、何か後ろめたさを感じてしまったり、そこにメールや掲示…

メールマガジン

幸いなことに、好調に滑り出しています。現在およそ60名ほどの方に読んで頂いているようです。話題がはてなダイアリーに追いつき次第、はてなダイアリーの更新も再開します。しばしお待ち下さい。

メールマガジン

http://www.mag2.com/m/0000175084.html おそらく本日の「ウィークリーまぐまぐ コミュニティ版」に新着メルマガとして紹介されたと思います。それによって登録してくれる方を待って、月曜日くらいに最初のメルマガを発行しようと思います。 最初のうちは、…

カミングアウトの最初のきっかけ

同性愛者として生きていくために、重要なプロセスに、カミングアウトというものがあります。これは、本来、同性愛者が自分のセクシャリティを自覚し、それを受け入れ、その上で、自分のライフスタイルを確立していく過程すべてを包括する言葉です。転じて、…

メールマガジン

http://www.mag2.com/m/0000175084.html ここで展開するテキストとほぼ同様の内容となると思いますが、メールマガジンも作ってみましたので、よろしければ購読お願いします。正直、ここでメルマガを宣伝するというよりは、メルマガでここを宣伝するという目…

前田健がゲイ告白

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051104-00000033-sanspo-ent まえけんはド派手な女医ルックで登場すると、診察室に見立てた会場で100人にサイン。「10年かけて恋愛攻略法を編み出しました。僕はゲイなので、男性の気持ちも女性の気持ちもよくわか…

医者のプライベート

僕は、自分の予定を優先して患者を見捨てるようなことはしない、何があっても患者が最優先だ、とか言って、熱く医療を語る人があまり好きではありません。少しきくと立派なことを言っているような気がしますが、僕は非常に気持ちが悪いのです。人間的じゃな…

自覚

僕が同性愛者であることをはっきり自覚したのは、医者になったあとのことでした。インターネット黎明期は、ゲイサイトといえば、「性欲」を全面に押し出したようなものが圧倒的に多かったように記憶しています。ゲイサイト、自覚以前から気になって、みては…

友情と恋愛感情

もう、だいぶ長いつきあいになる友人がいます。大学の後輩なのですが、先輩−後輩という関係というよりは、友人、といったほうがしっくりきます。すでにカムアウトしてありますが、それ以降も、つきあいは続いています。彼に関して言えば、カムアウトしたこと…

一般的知識

同性愛というのは、なにかと多難な道を歩んできました。正義をきどりながら、宗教や政治やいろんな思惑は、それ自体を罪とするような歴史を築いてきました。それによって、いわれのない罪悪感にとらわれなくてはならない人間がいるのです。僕にはそれを罪悪…

現在

いろいろと自分の中の気持ちのモヤモヤを解決しようとはしていましたが、当時はなかなか情報も手に入らなかったので、大学を卒業した、21世紀最初の頃の時点でもまだ、はっきりとしたゲイという自覚がありませんでした。それで、なんとなく、地方を拠点とす…

思春期

さて、僕のゲイとしての背景を簡単に綴ってみます。思春期以降、僕の最も苦手な話題が異性にまつわる話でした。今でこそ、ゲイだということをはっきりと自覚していますが、当時は混乱していたので、自分でもその理由はよくわかりませんでした。好みのタイプ…

はじめまして

はじめまして。delと申します。どこか別の場所で既に知り合っていた方々は、改めまして。別の場所で別の名前でものを書くことはしないつもりでしたが、なんとなく、書いてみたくなったので、しきりなおしてみることにしました。 僕は現在、とある地方都市で…